ドゥボーヴ・エ・ガレ

元フランス王室御用達 ドゥボーヴ・エ・ガレ

創業者であるスルピス・ドゥボーヴはフランス王室薬剤師であった
1779年6月王妃マリーアントワネットから薬を飲みやすくするよう命じられました。
そして生まれたチョコレートが「マリーアントワネットのピストル」です。

パリで一番古い歴史を持つチョコレート店

フランスルイ16世の王室薬剤師であった
貴族出身のSulpice Debauveスルピスドゥボーヴ(1757-1836)は
フランス革命後の1800年、
パリの左岸Faubourg Saint-Germainフォーブルサンジェルマンに
チョコレート店を開きました。
現在、パリで一番歴史を持つチョコレート店となっております。

王妃マリー アントワネットとドゥボーヴ・エ・ガレ

1779年6月のある日、王室薬剤師であったスルピス ドゥボーヴは
新しい調合薬を持って王妃マリー アントワネットを訪ねていったところ、
王妃は薬が苦くて飲めないとこぼし、
ウィーンで飲んでいたホットチョコレートが美味しかったことを話しました。
そこでドゥボーヴはチョコレートに薬を包み込む事を考案します。
こうして生まれたチョコレートは、
王妃により古金貨を意味する「ピストル」と名付けられました。