オ・シャ・ブルー

日本初出店ブランド オ・シャ・ブルー

1912年 フランス北部のリゾート地「ル・トゥケ・パリ・プラージュ」開業。
青い猫のオ・シャ・ブルーをトレードマークに100年以上愛されている老舗ブランド。
今では、パリ、リール、カンペールにお店を持ち、商品には80種類以上もある「ブッシェショコラ」があります。
このバラエティに富んだチョコレートはすべてオリジナル。毎年新しいものを考案しています。

フランス生まれの"青い猫のチョコ"

日本初出店ブランド「オ・シャ・ブルー」は
1912年、フランス北部パ・ド・カレ県のオパール海岸に位置する
「ル・トゥケ・パリ・プラージュ」という街でレミー姉妹により開かれました。

100年以上もの歴史を持つ「オ・シャ・ブルー」は、
今では、パリ、リール、カンペールにお店があり、
ギャラリーラファイエットやル・プランタンに続く
8区のオスマン通りに小さな店構えでパリ店があります。

商品には、36種類のタブレット、80種類のボンボン・ブシェがあり、
このバラエティに富んだチョコレートは、
すべてオリジナルで毎年新しいものを考案しています。
今回販売するボンボン・ブシェにも最新作の「ラ・クロッカント」があります。

ショコラティエのアレクサンドルは言います。
「お客さんは新しいものを試して、そしてまた昔ながらのものに戻っていきますね」
昔ながらのもので一番の人気のショコラは「ミニ・シャ・ブルーだよ」

猫の肉球のような青いマークのあるボンボンショコラ
〝ミニ・シャ・ブルー″
キャラメルとアーモンドで作られるヌガティーヌとプラリネのボンボンショコラには
味もさることながら見た目にキュートさにあなたも魅了されてしまうことでしょう。